iTero(口腔内スキャナー)
を導入いたしました

マウスピース矯正を始めるにあたり、これまではシリコンという粘土のようなものを用いて型取りをする必要がありました。
この型取りは口の中が材料でいっぱいになり、のどの方に流れた場合は苦しかったり、吐き気を催したりすることがありました。
また、この型取りにはとても高度な技術を要するため、結果が個人の技量に左右される傾向がありました。
もしかしたらこれまでに、型取りをやり直ししたことがある患者さんもいらっしゃるかと思います。
以上のようなことを改善するために、当院ではiTeroという口腔内スキャナーを導入致しました。
このiTeroは、歯や粘膜などの口の中の組織に光を当て、シリコンなどの材料を使用することなく、歯の状態を記録することができます。
そのため、従来の方法よりもより苦痛が少なく、より手軽に、より精密な記録ができるようになりました。
またデジタルデータのやり取りのみで、マウスピース作成が可能であることから、治療期間の短縮を図ることもできます。

当院ではマウスピース矯正を行う際
必ずこのスキャナーを利用し、臨床に役立てております。
これからマウスピース矯正を開始なさる方は
ぜひご参考になさってください。